Kininaru

気になるものを気ままにレビュー

PS4 PROでの4K HDRの見え方をゆるっと比較する

f:id:syrupfresh:20170307150704j:plain

映像に直結するPS4 Proのメリットは

  • 【4K出力】
  • 【HDR対応(これは無印でも対応】
  • 【対応ソフトでの画質向上】
  • 【対応ソフトの常時60fps化】
  • 【2Kでの画質向上】

などのメリットがあるのですが、今回は4K HDRでどのくらいの画質の違いがあるのか比べて行きたいと思います。

↓2Kテレビでのメリットをまとめた記事はこちら www.kininaru.mobi

↓テレビはこれ www.kininaru.mobi

テレビとの接続については、PS4 Pro付属のケーブルでもHDRにしっかり対応しているとのことですが、少しでも良い環境を求めて同じソニー製で評判の良いこちらを使用しています。

そして手持ちのソフトで試したスクリーンショットです。

Horizon Zero Dawn ホライゾンゼロドーン

【HDRオン】 f:id:syrupfresh:20170307150747j:plain

PS4史上最高画質という評判を見て発売直後に購入しました。PS4 PRO+4Kテレビをお持ちなら、現状のPS4で最高の画質と言っても過言ではないので、ぜひチェックしてみてください。内容は戦闘がとっても楽しい狩りゲーです。
ただ会話シーンが全体的に長く、その間4K HDRでやたらと皺とかヒゲのディテールの細かいキャラクターのアップを見せられるだけなので、疲れた日などにプレイすると眠くてたまりません。笑
最初はキャラクターのドアップにも「画質すごいな!ディテール細かいな!」と喜んでいたのですが、あまりにそればかりなので、その部分には飽きました。笑
その反面、戦闘はハマるとめちゃめちゃ面白いです。罠や武器を駆使して戦略を立てながら、デカい強敵を攻略するのはとっても楽しい。
グラフィックの雰囲気や世界観はファイナルファンタジー15の方が個人的に好きでしたが、良くも悪くもオープンワールドの魅力が満載で、現時点でPS4 PROの魅力を余すところなく楽しめる良質なゲームだと思います。

気になる人はAmazonでチェックしてみてください

【HDRオン・画質優先】 f:id:syrupfresh:20170307150728j:plainf:id:syrupfresh:20170307150718j:plain

【HDRオフ・画質優先】 f:id:syrupfresh:20170311153126j:plainf:id:syrupfresh:20170311153139j:plain

【HDRオフ・パフォーマンス優先】 f:id:syrupfresh:20170311153111j:plainf:id:syrupfresh:20170311153122j:plain

スクリーンショットだと、HDRオンの方がコントラストが強くて暗部が飛んでいるような感じがするのですが、実際の4Kテレビの画面で見ると全然飛んでおらず、光の明暗がしっかり出ていてキラキラしているような感じになります。
HDRをオフにすると、全体的に明暗のバランスのとれた平板な感じの落ち着いた絵になります(これでも十分綺麗)。
画質優先とパフォーマンス優先で比べてみましたが、スクリーンショットで分かるほどの顕著な差は出ないように感じます。実際にプレイするとパフォーマンス優先の方が若干「ヌルっ」とした動きになるのですが、個人的な感覚ではそこまで差があるように思えないので、現在は体験重視で常時「画質優先」でプレイしています。
HDRのオンオフの変化の方が明らかにインパクトがある感じです。

f:id:syrupfresh:20170307150704j:plain キャラが濃い!(笑) ちなみに主人公は手前のヒゲではなく、奥のワイルドな女子です。

FINAL FANTASY XV ファイナルファンタジー15

長いのでHDRオフから紹介

【HDRオフ・軽量モード】 f:id:syrupfresh:20170311160915j:plainf:id:syrupfresh:20170311160924j:plainf:id:syrupfresh:20170311160936j:plainf:id:syrupfresh:20170311160949j:plainf:id:syrupfresh:20170311161000j:plainf:id:syrupfresh:20170311161010j:plainf:id:syrupfresh:20170311161021j:plain

【HDRオフ・高画質モード】 f:id:syrupfresh:20170311160758j:plainf:id:syrupfresh:20170311160810j:plainf:id:syrupfresh:20170311160823j:plainf:id:syrupfresh:20170311160835j:plainf:id:syrupfresh:20170311160849j:plainf:id:syrupfresh:20170311160901j:plain

【HDRオン・軽量モード】 f:id:syrupfresh:20170311161032j:plainf:id:syrupfresh:20170311161041j:plainf:id:syrupfresh:20170311161052j:plainf:id:syrupfresh:20170311161102j:plainf:id:syrupfresh:20170311161125j:plain

【HDRオン・高画質モード】 f:id:syrupfresh:20170311161135j:plainf:id:syrupfresh:20170311161146j:plainf:id:syrupfresh:20170311161156j:plainf:id:syrupfresh:20170311161207j:plainf:id:syrupfresh:20170311161223j:plainf:id:syrupfresh:20170311161236j:plainf:id:syrupfresh:20170311161247j:plainf:id:syrupfresh:20170311161257j:plainf:id:syrupfresh:20170311161307j:plainf:id:syrupfresh:20170311161318j:plain

HDRオフだと、全体的に薄もやがかかった感じになっていますが、これだけを見ていれば特に気になることも無い普通の絵です。
ただ、HDRをオンにすると色数もグっと増えた感じになり、日差しのまぶしさを感じるほどになります。これは結構顕著に変わる感じでした。
軽量モードと高画質モードの違いは、ほとんどの人は分からない程度の違いです。

FF15については、色々と賛否の分かれたゲームでしたが、個人的には最近やった中では好きな方です。上のホライゾンゼロドーンと比べても印象に残るグラフィックの美しさ(ホライゾンとはまた別の形で)や車での移動や食事などを含めたキャンプ要素など「旅をしていた」という感覚がすごく残っています。ホライゾンもそうだけど、オープンワールドでリアリティを謳っているのに、24時間主人公が寝食無しでOKとか普通におかしいですしね(笑)
現実と同じような時間が流れる世界観の中で、キャラクターが寝て、起きて、食べて、無駄口たたきながら冒険する。その「生きている」という感覚をプレーヤーが共有できることで、物語というか主人公たちへの共感がすごく高まるんだと思います。その点、ホライゾンの主人公はサイボーグのようにタフで無感情です。笑

今回は「初めてファイナルファンタジーをプレイする人のための、15番目の最新作。」とのキャッチコピーなので、非ゲーマーをメインターゲットに据えていることからも、そういった「オープンワールドゲーム」という文脈になじみの無い人間からすると主人公がサイボーグなみにタフというような「非現実的」と感じる部分をできるだけ払拭して、非ゲーマーでも入り込みやすいリアリティのある日常感や冒険感を重視して開発したんだなーということがうかがえます。
そのあたりのゲームの根幹に関わるデザイン的な部分は、すごくセンスがあるなあと感じます。

ただ、そういった感情移入は、例の「13章」(僕は9章あたりから…)急速に冷めていくのですが…笑
9章以降の展開や細部の詰めで残念な部分は総じてアンチの人たちに共感できますが、きっとホントに時間が無かったんでしょうねぇ。あくまで商業の商品なのでスケジュールは最重要視されるところ。あと1年あれば…というところですが、これは致し方ないところかなと…。
とはいえ、1年かけて色々とアップデートもしていくようですし、今後も注目していきたい大好きなゲームのひとつです。

気になる人はAmazonでチェックしてみてください

UNCHARTED アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝

【HDRオフ】 f:id:syrupfresh:20170314113918j:plainf:id:syrupfresh:20170314113906j:plainf:id:syrupfresh:20170314113956j:plain

【HDRオン】 f:id:syrupfresh:20170314113943j:plainf:id:syrupfresh:20170314113930j:plainf:id:syrupfresh:20170314114008j:plain

アンチャーテッドに限らずですがHDRをオフにすると、全体的にさっぱりとした絵になる感じがします。(オンの状態に慣れるからそう見えるというのもあるかもしれません。)
オンだと「コントラストが強いけど、明暗がの激しい部分が飛んでいるわけではない絵」になります。というかそれがHDRなんですね。

気になる人はAmazonでチェックしてみてください。

人食いの大鷲トリコ

【HDRオン(強制)】 f:id:syrupfresh:20170314111604j:plainf:id:syrupfresh:20170314111552j:plainf:id:syrupfresh:20170314111614j:plain

トリコのHDRは対応しているディスプレイにつないでいると強制ONになるようです。(OFFにできない)
オンオフの切り替えができないので違いがわからないのですが、このゲーム自体が明暗の差が強いシーンが多いので、きっと効いているんだと信じています。笑

気になる人はAmazonでチェックしてみてください。

「光」を感じる「HDR」。ゲーム体験を情緒的に味わいたい人にオススメ。

HDRになって画質の何が変わるのかというと、個人的には「光」かなと思います。日差しの強い日なんかに感じる光のコントラストの「キラキラ」した感じが、HDRテレビだとすごく表現力が高まる感じがします。テクスチャーの向上やジャギーの低減など、グラフィック的な表現向上ではない次元の情緒的な感じとでも言えばいいのでしょうか。これはスクリーンキャプチャだとなかなか分かりづらいので、機会があれば店頭などで見てみてください。
ただし、元々のPS4の画面でも十分に綺麗ですし、ゲーム体験に何ら影響するものでもないので、ハイグラフィックでストーリー重視のゲームが好きな人(僕です!)以外の人には、10万円を超える投資額に見合う機能では無いのかもしれません。

HDR機能はゲーム向きかも

Ultra HD Blu-rayの対応機器を持っていない(残念ならがPS4 PROは未対応)ので、HDRの映画はAmazonプライムビデオの4K HDR映像やYouTubeの4K HDR映像で試した限りになりますが、通常のビデオ映像だと、4Kの迫力はすごく感じますが、HDR映像と非HDR映像がものすごく違うのかというと、ゲームほどには感じられませんでした。これはやはり前述したように、「光」の表現力が上がっているので、3Dゲームなどのように自由に視点を動かせると、太陽などの光の効果を自分の目で体感することができるので、わかりやすく効果を感じるんだと思います。オンオフの切り替えもリアルタイムでできますしね。

PS4 PROの話や、4K HDRテレビ選びの話は、過去のエントリーにもあるので、よかったら参考にしてみてください。

↓テレビ選びの話 www.kininaru.mobi

↓2KテレビでもPS4 PROのメリットがあるのかという話 www.kininaru.mobi

↓そしてBRAVIAを買った話 www.kininaru.mobi

↓PS4 PROを確実に購入する方法 www.kininaru.mobi

以上、「PS4 PROでの4K HDRの見え方をゆるっと比較する」でした。 最後まで読んでいただきありがとうございました。